薬剤師

薬剤師の仕事と求人

薬剤師とはどういった仕事をするのか

薬剤師とはどういった仕事をしていく事になるのかをお話していきます。

薬剤師といっても薬局やドラッグストアなどでお客さんに薬を販売する仕事と薬関係の企業に勤めて薬の研究や営業などをしていく主に2つあります。
まず、薬局やドラッグストアでの仕事ですけど、来店したお客さんに薬を販売しますけど、薬の説明をしていく必要もありますし、お客さんから詳しく薬について聞かれる事もありますので適切に答えていく必要があります。

また、販売業ですのでレジ業務もあります。また、お客さんの症状を聞いてお勧めの薬を提供してあげる事も大事な仕事になってきます。

次に、薬関係の企業で勤める場合ですけど、まずは薬の研究があります。さまざまな薬に関係のある実験などをして新しい薬を作っていく作業です。

また、自社の薬を一般家庭や企業や病院などに購入してもらうための営業もあります。

最近ではドラッグストアが多くできていますので、ドラッグストアで働く薬剤師の人が増えています。

参考:薬剤師【転職・求人】失敗したくない方

薬剤師になるために必要な事

薬剤師になるために必要な事ですけど、まずは薬剤師免許が必要になってきますけど、他にも薬が好きな事と暗記力が必要になってきます。

まず、薬剤師は薬に携わる職業ですので薬に興味があって好きでなければ当然勤まるような仕事ではないです。

ただ単に、安定感があるや社会的地位が高いからという理由でなってもうまくやっていけないですし、学生時代に薬に関係のある授業を沢山受けて、身につけなければならないですので、好きでないとかなり厳しいです。

薬剤師になる時には、自分が薬の事が好きなのかというのを一度考えて、好きならば薬剤師の道に進んでいきます。

参考:薬剤師求人

次に暗記力です。薬剤師になるためには学生時代の時に膨大な知識を頭に埋め込む必要がありますので、どうしても暗記力が必要になってきます。

暗記力に自信がない人は苦戦してしまう可能性があります。ですので暗記するのが得意な人は有利というわけです。

もし、暗記力にあまり自信がない人は日ごろから物事を覚えるトレーニングをしていきます。